Telephone:

お問い合わせ:021-61363802

情報センター

空気エネルギーが新技術だとは言わないでください、日本は半世紀の間売れ行きが良かったです!
日にち:2014/12/10  クリック数: 1793

はじめに:独立した製品として、ヒートポンプ給湯器は数十年にわたって市場に出回っています。現在、日本と中国の年間生産量と販売量は10万台以上に達しています。しかし、消費者からの疑念に直面して、圧倒的多数のディーラーはしばしば消費者を説得することができません。では、「空気エネルギーは新技術だと言うのをやめ、ヨーロッパ、アメリカ、日本は半世紀にわたって売れ行きが良かった」と消費者に伝えるにはどうすればよいのでしょうか。

「空気エネルギー給湯器とは何ですか、それは太陽エネルギーと同じですか?」ほとんどの消費者は、空気エネルギー給湯器を初めて理解して購入する前に、そのような質問をします。この意識の低さは、ディーラーの販売にも大きな困難をもたらしました。

昨年8月に国際貿易協会が実施した「中国ヒートポンプ給湯器消費者製品認知調査報告書」の調査では、次のことがわかりました。

全体として、消費者の20.9%がヒートポンプ給湯器について聞いたことがあるか、知っていて使用しています。そのうち、ヒートポンプ給湯器を知っているか使用しているのはわずか4.3%です。ヒートポンプ給湯器について知っている消費者の46%は比較的その省エネ効果に精通している;別の33.5%の消費者はブランドに精通している。25〜55歳の消費者のうち、79.1%は空気エネルギー給湯器について聞いたことがありません。

聞いたことがない 聞いた、理解できない 理解して、未使用 使用中で 以前は使用されていましたが、現在は使用されていません 合計
長沙 581 83 30 5 1 700
成都 640 49 11 0 0 700
合肥 591 86 19 4 0 700
昆明 538 99 40 18 5 700
南昌 377 255 55 10 3 700
南寧 425 243 25 6 1 700
武漢 632 62 6 0 0 700
重慶 645 55 0 0 0 700
合計 4,429 932 186 43 10 5,600
全体の割合 79.1% 16.6% 3.3% 0.8% 0.2% 100.0%

注:「空気エネルギー給湯器に関する中国の消費者意識調査報告書」の「消費者製品意識レベルの分析-都市による分析」の章。

それで問題は、空気エネルギー給湯器は、改善が必要な新しい技術を備えた新製品なのか、それとも数年にわたって開発され、市場や消費者のテストに耐えることができる製品なのかということです。

EUのヒートポンプの適用の歴史は第一次世界大戦にまでさかのぼることができます

現在、EU地域は、中国や日本よりもヒートポンプを利用して暖房を行っている地域です。欧州ヒートポンプ協会(EHPA)によると、

2008年のEUにおけるヒートポンプの販売台数は約585,000台でしたが、2009年には金融危機の影響を受けてヒートポンプの販売台数は525,000台に減少しました。これらは主に家庭用エアコンヒートポンプの規模を反映したもので、暖房機能とプール暖房を備えた製品を除くと、家庭用温水の生産にのみ使用されるヒートポンプ給湯器の年間販売台数は約5万台です。

EUでのヒートポンプの適用の歴史は第一次世界大戦にまでさかのぼることができます。1980年代以来、スウェーデン、ドイツ、その他の国でのヒートポンプの適用は着実な発展を遂げてきました。比較的寒いEU地域では、住宅密度は中国や日本の約1/10です。現在、EUのヒートポンプユニットの約半分は空気熱源ヒートポンプであり、残りは地中熱源または水源ヒートポンプです。さらに、これらのヒートポンプ装置のほとんどは暖房に使用されており、室内の排気を熱源として使用したり、浴室の空気除湿時に熱を使用して家庭用温水を生成したりする一体型空気熱源ヒートポンプはごくわずかです。この動作モードでは、空気側の流量が大きくなりすぎないように決定します。そうしないと、室内温度が大きく変化します。

1980年代に、米国はヒートポンプ開発の波を開始しました

早くも第二次世界大戦中、米国は戦争による電力供給の不足を緩和するために暖房にヒートポンプを使用し始めていました。2つの石油危機と日本でのヒートポンプの普及と応用における前例のない成功により、米国政府はヒートポンプの省エネの可能性を真剣に評価するようになり、家庭用エアコンの分野でのヒートポンプ装置の応用は徐々に進んでいます。拡大しました。

米国の住宅暖房方式は、主に集中型空気処理方式を採用しており、ヒートポンプで家全体の温度を調整した後、家全体の室内空気をエアダクトで各部屋に送ります。ユニット。熱交換の方法が異なります。そのため、冷暖房に関係なく、空調に使用されるヒートポンプは、室内側の熱交換器が直接空気と熱交換します。米国のヒートポンプ給湯器は、通常、家庭用の温水を供給するためにのみ使用されます。暖房負荷に耐えられません。

1980年代、米国はヒートポンプ給湯器の開発を急増させました。当時、米国では約10社がヒートポンプ給湯器を製造していました。製品構造には主に4つのタイプがあります。

1.アドオン。既存の貯湯式給湯器に基づいて、ヒートポンプユニットを追加すると、電気式給湯器とガス式給湯器の両方を変更できます。通常、貯湯器とヒートポンプユニットのメーカーは2社ですが、新たに追加されたヒートポンプユニットは比較的独立しており、両者の相互影響を最小限に抑えるためにシンプルなインターフェースで接続されています。

2.ドロップイン。これが最も一般的な構造形態であり、ヒートポンプユニットと水タンクが全体を形成し、標準構成には通常、一致する電気加熱装置が含まれます。

3.デスーパーヒーター。家庭用温水は、ヒートポンプシステムの圧縮機の排気ガスの過熱状態の冷媒によって加熱されます。家庭用水を加熱するための熱交換器は、ヒートポンプ装置の凝縮器と直列に接続されています。熱交換器ヒートポンプのオプション付属品として使用でき、ユーザーに届けられるだけでなく、ユーザーの既存のヒートポンプまたは空調用冷媒に取り付けることもできます。

4.統合されたフルデマンドシステム。冷蔵・冷蔵・暖房・家庭用温水・廃熱回収の機能を統合した統合システムであり、すべての機能をヒートポンプ方式で実現しています。しかし、このようなシステムは一般的にエアコンに分類されており、暖房運転においても、暖房負荷は一般的に家庭用温水負荷の数倍になります。

オーストラリアとニュージーランドの状況は米国と多くの類似点を共有しており、一体型ヒートポンプ給湯器が主な種類です。近年、太陽熱温水器を促進するための同様のインセンティブ政策がヒートポンプ給湯器の用途に採用されており、年間販売量は12,000台に増加し、給湯器市場の約1.5%を占めると予想されています。

世界の合計に等しい日本でのヒートポンプ給湯器の売上高(日本を除く)

日本はヒートポンプの普及を始めた国であり、最初の石油危機後、エネルギー安全保障の基本目標から始まり、日本は省エネを基本的な国家政策としてとらえました。ヒートポンプ技術の大きな省エネ効果により、家庭用ヒートポンプエアコン技術は大きな発展を遂げました。1980年代半ばまでに、日本は基本的に家庭用ヒートポンプエアコンを普及させていました。ヒートポンプ技術を利用して家庭用温水を製造することは、ヒートポンプ空調システムに基づく熱エネルギー回収装置と貯湯装置の追加から発展しました。このタイプのヒートポンプ給湯器は、家庭用空調装置と組み合わされています。まだ今日。日本市場の主流製品。

日本冷凍空調産業協会(JRAIA)の統計によると、2009年のヒートポンプ給湯器の生産・販売台数は約110万台で、そのうち約60万台が空調用多機能複合製品でした。または加熱。水対応製品は約500,000ユニットです。

統計では、前者のデータは一般的に空調統計として使用されます。生活環境の制約から、日本では地中熱ヒートポンプや水熱ヒートポンプの設置スペースが限られており、家庭用ヒートポンプのほとんどが空気熱ヒートポンプです。

空気熱源ヒートポンプの冬季運転性能を向上させるために、日本企業や関連研究機関は長年にわたり絶え間ない努力を重ねてきました。1980年代に発売された可変周波数ドライブ製品は、低温運転条件下での暖房能力と運転効率を大幅に改善しました。1990年代に発売されたDC速度調整技術を使用した製品、低温下での暖房能力と運転効率動作条件効率がさらに向上します。

21世紀初頭には、-20℃、-25℃の低温環境に適したヒートポンプ製品と、二酸化炭素超臨界サイクル技術を利用したヒートポンプ給湯器が次々と発売されました。日本では、空気熱源ヒートポンプは、一年中、空調、冷蔵、暖房、家庭用給湯などの住宅利用者のニーズを満たすことができます。現在、ヒートポンプの年間エネルギー消費量は、 1980年代初頭。

小容量ヒートポンプシステムと大容量貯水タンクを使用した構成方式は、日本のヒートポンプ給湯器の特徴です。日本の電力網は、一般的に価格差の大きい使用時間課金方式を採用しています。夜間の電力網の低負荷時の電力価格は、基本電力価格の約1/5です。容量の貯水タンクにより、電力網の低負荷期間中に一日のニーズを満たすのに十分な熱を貯蔵することができます。一般的に、ヒートポンプシステムはオフグリッドの低負荷期間中に動作する必要はありません。大容量の貯水タンクに十分な熱を供給するために、小容量のヒートポンプシステムは長時間連続運転する必要があります。通常、蓄熱運転時間は4〜8時間と長くなります。この運転モードの方が有利です。グリッドの電力負荷のバランスを取るため。さらに、小容量のヒートポンプシステムは、ヒートポンプシステムの製造コストを削減するのに有益です。

近年、日本市場ではマルチエネルギー複合ヒートポンプ給湯器が登場しており、日本を除く世界のヒートポンプ給湯器の年間生産・販売台数を上回っています。

(ヒートポンプ市場、2014年11月)

お問い合わせ +more

  • ファクス番号: +86-21-6136-3805
  • 住所: 上海市長寧区娄山関路555号長房国際広場2006-2007室
  • Eメール: info@altechchina.com
  • ウェブサイトアドレス: www.altechchina.com

問合せ/面接申込み

  • お名前:
  • 連絡先:
  • メールアドレス:
  • 卒業学校:
  • 専攻:
  • 外国語能力:
  • レベル:
  • 仕事年数:
  • その他ご要望: