Telephone:

お問い合わせ:021-61363802

情報センター

ナトリウムランプ、LED ランプと SkyBright ランプの比較分析
日にち:2014/06/17  クリック数: 1841
ナトリウムランプ ナトリウムは街燈として数十年も使われているが、発色性低いと電気消費量のほかに、道路使用の照明効果は別に適当でないことがない。資源不足
と省エネのため、発色性低い、電気消費量多いナトリウムランプは高い発 色性、省エネの光源に取って代わられるはずだ。

2. LED
LED ランプはナトリウムランプに取って代わる選択の一つが、その業界とメディアの関係で、効能は大げさに宣伝されるかもしれない。この数年、メディアの宣伝で、リーダーは LED ランプを使うと指示するが、苦い経験も味わった。使用後数か月で光速減衰などの問題も出てきた。LED ランプ のデータは試験データで、広範囲、長期の検証がないので、所期と実際使用の差別が出てきた。これに対して、以下のように説明する: *LED ランプの放熱問題—LED ランプの寿命は 50,000 時間に達すると宣伝されるが、これは推論データだけだ。アウトドアで、風、日差し、雨、雪、塩(沿海地域)、酸(酸性雨)、虫、水蒸気など、特に温度変化を考慮に入 れると、LED ランプの実際寿命はそんなに長くない。これは試験データと 実際使用の差別だ。だから、その試験データは参考になる意味はない。
*LED パワースプライ寿命— LED ランプの寿命は 50,000 時間と宣伝される が、アウトドアで使うと、パワースプライの寿命は一年さらには一年未満になった。これも業者の話が及ばないことだ。
*落雷—電子バラストを使うとき、落雷に遭うと、アース不良なら、街灯が 全部消えて、電子バラストも壊れる。
*メンテナンスのコスト高い—ビーズで作った街燈はビーズがある程度壊 れると(たとえば五分の一)、街燈を換える時は新しいソケットを取り付けるべきだ。メンテナンスなら、ビーズのコストと手間賃も少なくない。もしモジュール化 LED 街燈を使うと、たとえば 150 W、6 個のモジュール、 各モジュールに25 ビーズで、いくつのビーズが壊れても、新しいモジュー ルに取り替える。これはメンテナンスには引き合わない。
*LED ランプは最高発光効率(lm/W)に達するため、色温度を 5500K に抑え るが、この色温度の下で、色は寒色の白い光なので、街燈として使うと、寒く感じる。もし色温度を4000K 或は 3000K に下げると、発光効率は元の5500K より 20%~25%の下降幅がある。ほかに、発色性も比較的に下がり(70~80Ra から 50~60Ra までになる)、その照度も下がる。

3. SkyBright ランプ
真空ナノメートルメッキ技術を利用して、反射効率は 95%以上に達する。 しかし、伝統照明反射は約 40%。
大幅にアウトプット効率を上げて、87%以上に達する。それに対して、伝統照明の効率は約 50%。
精密光学デザインと光源特徴による配光で、無効照明しなく、伝統街燈より省エネ 70%~80%以上。
※発色性>80Ra (色温度 3000K)90Ra (色温度 4200K)の時、認識度が高く、間違わない。
※メンテナンス便利、ランプだけを取り替えればいいので、経済的だ。

お問い合わせ +more

  • ファクス番号: +86-21-6136-3805
  • 住所: 上海市長寧区娄山関路555号長房国際広場2006-2007室
  • Eメール: info@altechchina.com
  • ウェブサイトアドレス: www.altechchina.com

問合せ/面接申込み

  • お名前:
  • 連絡先:
  • メールアドレス:
  • 卒業学校:
  • 専攻:
  • 外国語能力:
  • レベル:
  • 仕事年数:
  • その他ご要望: