Telephone:

お問い合わせ:021-61363802

情報センター

高効率オーロラ反射器は、原理と特徴とプロセス
日にち:2014/06/17  クリック数: 1803
原理
1: 伝統的な電球ランプでは、配光の不合理や適切に配光できないなどの原因で上射光、グレアなど光汚染が発生する、しかも、光の有効利用できないため、多数の光源と電力は無駄になる。そのため、どのように光を駆使して照明の地域に、そして電気を十分に利用して光を生み出すのが高効率オーロラ反射器は、の省エネ優位性である。
2: 高効率オーロラ反射器は、今現在の科学技術ができる最高の光効果のHIDランプである、それを利用して精密光学反射の設計をする、専門の光学設計の原理とスーパーコンピュータの演算能力と特殊ソフトで高密度、高強度の反射と配光を設計する。演算により高精密な光学反射角と配光を設計される。自主開発の最高光効果のHIDランプのハイライト束を十分に利用し、光源が無駄にならないことを確保する。光のビームを精確に制御し、照明効率を大幅に高めることで、最高の配光効果とランプ効率を実現できる。

特徴
1: 伝統白熱燈とハロゲンランプと比べたら、95%以上の電気を節約できる。伝統高圧水銀ランプ、水銀燈と比べたら、74%以上の電気を節約できる。金ハロゲンランプと高圧ナトリウムランプと比べたら、67%以上の電気節約ができる。無電極ランプと比べたら、52%以上の電気を節約できる。
2: 高効率オーロラ反射器の放熱性が良く、さまざまな環境での使用が可能、300℃以上耐温できる。
3: 使用空間が小さくて、小型のランプでも使える。
4: 最先端のコーティング技術を運用して、無酸化無黄化問題を解決し、表面のホコリがたまりにくい、腐食しない、防塵、防水、密封のランプが作られる。
5: 違う環境でさまざまな照明デザインによって各種高効率オーロラ反射器が設計される。例えば道路や工場やトンネルや外壁広告など。最も厳しい道路照明設計要求が満足できる。平均照度と照度均一度の基準の下で、大幅に街燈電力を低減できる。
6: ナノ真空コーティング技術で、反射効率95%以上、ランプ効率85%以上上回る。

プロセス
1: 高効率オーロラ反射器の本体材質はアルミニウム合金。
2: 精密光学反射設計によって製作した反射器金型はダイカスト機で反射器をダイカスト成型する。
3: 品質検査、整理整頓後、皮墨処理と200度の高温焼く処理が行う。
4: 品質検査、整理整頓後、真空メッキ、ナノ光学コーティングをする。
5: 現在最高メッキ技術で作られた真空メッキ設備を採用し、高真空コーティング装置で最も難しい最新ののコーティング技術と独占調合書の反射材料を組み合わせて、ナノ真空メッキをする;コーティング終わった後に、100%透過率の特殊保護コーティング技術で表面の膜を保護する。
6: 品質検査後、再度に200度の高温焼くテストで検証する。

お問い合わせ +more

  • ファクス番号: +86-21-6136-3805
  • 住所: 上海市長寧区娄山関路555号長房国際広場2006-2007室
  • Eメール: info@altechchina.com
  • ウェブサイトアドレス: www.altechchina.com

問合せ/面接申込み

  • お名前:
  • 連絡先:
  • メールアドレス:
  • 卒業学校:
  • 専攻:
  • 外国語能力:
  • レベル:
  • 仕事年数:
  • その他ご要望: