Telephone:

お問い合わせ:021-61363802

よくある質問

上海万博会場どうしてLED街燈を使わない?
日期:2014-06-17  点击830次

      万博会場面積5.28平方キロメートルの園区に、上海市街燈管理センターに属する管轄の公共道路は29条。そして、LED及び関連技術は都市の省エネ排出削減に大きな推進作用がある、現在最も省エネ・環境保護特性のあり、新型新型固体状態冷光源だと認められているが、しかし、29条の万博会場の道路照明製品行列に入らなかった。

     全世界は三大トップクラスの盛会があります:オリンピック、ワールドカップと万博会。世界経済、科学技術、文化の“オリンピック”の盛会と誉められている、さらに“科学万博会、低炭素万博会”の理念の貫徹する。
万博会場面積5.28平方キロメートルの園区に、上海市街燈管理センターに属する管轄の公共道路は29条。そして、LED及び関連技術は都市の省エネ排出削減に大きな推進作用がある、現在最も省エネ・環境保護特性のあり、新型ソリッドステ-ト冷光源だと認められているが、しかし、29条の万博会場の道路照明製品行列に入らなかった。“科学技術、低炭素”を綱領にした万博会は、なぜLED、この省エネ、環境保護ための新型固体状態の冷光源を断るのか?
      光効果が高くない、電源(ドライブ)故障率が高く、光減衰が大きい、それは当時LED街燈が普遍的に存在する問題である。流行しているled街燈は万博園にPASSされ
      2008年初頭に、万博局の指導者と上海市の電力会社街燈管理部門の関連専門者、万博街燈の設計と設置について何度もの検討をした、万博局の指導者は万博会場にLED街燈や太陽エネルギーLED街燈を設置するのを要求した。上海市の街燈管理センター総エンジニアの王小明さんが:“私たちはいろんな調査と分析し、当時国内LED街燈の技術は未熟であり、各地の試用LED街燈の現場での使用状況は満足できない、応用できるLED街燈製品は一つでも見つからなかった。当時LED街燈がいくつかの問題が存在している。

     光効果が高くない、電源(ドライブ)故障率が高く、光減衰が大きい、それは当時のLED街燈が普遍的に存在する問題。また、ランプの重さがちょっと大きい、構造が不合理で、色温度が高く、寿命が長くない(名乗った10万、5万時間と相応しくない)、非伝統的な街燈生産企業は普及LED街燈の情熱はもっと高く、ランプ配光の合理性が少なく、それも上海市街燈管理センターが心配の重点である。 「太陽エネルギーの利用技術でも満足できない、特に電池寿命が短く、頻繁に交換必要がある。街燈の出力が比較的に大きいため、必要な電池容量が大きい、上海の天気は特殊であり、長時間点燈には満足できない、ここ数年、上海一部地域で太陽街燈の試用状況を分析した、例えば崇明、松江など、いずれも基本要求に達しなかった。」
以上の分析により、2008年、上海市電力会社の内部では同じ意見を達成できた。それは:万博会場でLED街燈の促進はしない、太陽エネルギー街燈は基本的な技術要求や照明要求を達成することができない。

 

お問い合わせ +more

  • 传真号码: +86-21-6136-3805
  • 地址:上海市静安区万航渡路83号金航大厦1102室
  • 电子邮箱: info@altechchina.com
  • 网站地址: www.altechchina.com